「明日の自分に期待するのを辞めました」ライフスタイルプロデューサー 村上萌

2019/12/17
ニュースタ!編集部

「最近、どんなアップデートをしましたか?」
新連載「MY UPDATE」は、既成概念に捉われることなく、社会に新しい価値観を創り出す人々が、今考えていることをお伝えしていきます。

記念すべき初回に出ていただくのは、NEXT WEEKEND代表 / ライフスタイルプロデューサーの村上萌さん。村上さんから返ってきたのは、「明日の自分に期待するのを辞めました」という衝撃的な(!?)答えでした。
サッカー選手の旦那さんに合わせて北海道から大阪に引っ越し、2歳になったばかりの子どもを連れて全国を行き来する忙しい日々。先進的なライフスタイルを実践する村上さんにとっての「じわじわ系アップデート」とは?

救いようのないタイトルだけど、実際、明日の自分に期待するのを辞めた。

数年前までは、仕事で行き詰まった時に布団に飛び込むという、一か八かの勝負に出ても、締め切りギリギリになると降りてくる神の力で、なんとか上手くこなすことができた。
いつだって今日の苦悩は、明日の自分がなんとか尻拭いをしてくれた。
結局それで出来ちゃうから、調子にすら乗っていたかもしれない。

だけど今は違う。明日の自分が存在しない。
そこにいるのは、今日の延長にいる私だけ。

娘が産まれてからの2年間は、家に仕事を持ち帰って予定通りに出来たことなんて一度もない。
飛行機も新幹線も、移動時間が一番のクリエイティブなんて言っていた自分に教えてあげたい。
小さな熊を連れて巡業している飼育員のような、今の私の姿を。
(試しに開いてみたパソコンは、熊の襲撃により180度に開いたこともある。)

だからもう、明日の自分のファインプレーに期待するのは辞めた。
今日、目の前にあることを粛々とこなす、という表現が正しいかもしれない。
そんなことをしていると、なんだかんだ一皮剥けたような気もして、
また新しい自分に、密かに期待し始めちゃうんだよなぁ。

きっとこれが今の私の、じわじわ系アップデート。

村上萌

NEXTWEEKEND代表 / ライフスタイルプロデューサー

「次の週末に叶えたい、理想の生活」をコンセプトに、季節の楽しみと小さな工夫を提案するコミュニティメディア・NEXTWEEKENDの代表。ウェブサイトの運営を始め、連動した雑誌の刊行やイベント、ECストアやコーヒースタンドの運営、その他空間や商品のプロデュースなどを手がける。著書にマガジンハウスより「カスタマイズ・エブリデイ」世界文化社より雑誌「NEXTWEEKEND」ディスカヴァー21より「週末野心手帳」など。アスリートである夫の移籍に合わせて、現在は大阪在住。会社のある東京との間を毎週行き来する、二拠点生活を送っている。一児の母。

NEXTWEEKEND

http://nextweekend.jp

「次の週末に叶えたい、理想の生活」をコンセプトに、季節の楽しみと小さな工夫を提案するコミュニティメディア。 ウェブサイト・SNS・雑誌・イベント・ECサイトなど様々なメディアを複合的に活用し、20~30代の女性を中心に支持を拡げている。 2019年1月より、コーヒースタンド「GARTEN COFFEE & seasonal wishes」を東京・神宮前にオープン。

私たちは、新しい基準で価値を捉え直し、
当社独自のメソドロジーを武器に
クリエイティブやコミュニケーションを創造し、
新しいマーケットを生みだす企業です。